初診の方へ

初診の方は、ペットに関するいろいろなことをお聞きします。病気・けがの状態はもとより、症状が出るまでの経過や普段の生活なども重要となりますので時間に余裕を持ってお越し下さい。初めて当院へご来院される方は右記のアイコンにございます問診票をダウンロードしていただきましたうえでご来院いただけるとその後の受付がスムーズとなります。
飼い主様のお話をじっくり、ゆっくりと聞き、診察を行います。
来院にあたり、ワンちゃんには必ずリードをつけ、ネコちゃんやフェレットなどの小動物はキャリーボックスにてお連れください。どうしてもキャリーボックスに入りたがらない場合には、安全のため洗濯ネットなどのふたがしまる物に入れてお連れ下さい。
家ではおとなしくても、いつもと勝手が違う病院内ではとても緊張したり、逃げ出してしまうおそれもあります。事故のないようにご協力ください。

診察の流れ

受付

まずは受付へお越しください。
初診の方には、新しくカルテと診察券を発行致します。
詳しいお話を伺いますので、ペットの普段の性格や状態をよく把握されている飼い主様とのご来院をおすすめ致します。
ご質問等ございましたら遠慮なく近くのスタッフにお尋ね下さい。

※急患の方はご遠慮なくお申し出ください。場合によっては、他の飼い主様のご了解を頂きました上で直ちに診察させていただきます。


診察・各種検査

診察室にて診察を行い、必要に応じて各種検査を行います。
診察は飼い主様からこれまでの病状や様子をお聞きしたうえで、検温、聴診や触診などの一般身体検査を十分に行ったうえで動物の体の状態をしっかりと把握することから開始します。これは私たちが病院にかかる時とほぼ変わらない診察です。ですが、これらの検査だけでは不十分な場合には、血液検査やレントゲン検査さらにはエコー検査やCT検査などのより詳しい検査が必要となります。
その際、検査の目的・方法・費用に関してはしっかりとご説明して納得いただくように進めますのでご安心ください。


治療

獣医師の診断に応じて治療の方法を提示します。
同じ病気でもいくつか治療法がある場合は、全てお伝えできるよう心がけております。
入院、手術およびその他の処置が必要な場合も、診療方針につきましては飼い主様のご要望をお聞きしてじっくりと相談しながら、ご納得のいく最善の治療となるように進めていきます。お薬の処方が必要となった場合は、まずは与えやすい剤型(粉薬、錠剤、その他)を遠慮なくお伝えください。
またお薬の与え方や注意点に関してもご説明させていただきます。今までに投薬していたあるいは現在投薬中であれば、お気軽に獣医師にご相談ください。


手術

最新鋭の麻酔機器と人工呼吸器を用いて、安全な環境下にて手術を行います。
手術の内容につきましては、外科・整形外科のページをご覧ください。


入院看護

動物の状態を丁寧にしっかりと把握して、ご家族に代わって動物の気持ちを理解しながら看護を行います。ここが動物看護師の腕の見せどころというべく質の高い看護を目指しております。


リハビリ

当院ではリハビリ専門の看護師がおります。手術後やその他における動物の社会復帰に関しても積極的に行っておりますのでぜひご相談ください。


会計

動物病院専用のレセプターを用いて明瞭な明細書をお渡しするシステムにてお会計を行っております。
当院では、アニコム損保生命のお取扱いがございます。また他の保険に関しても対応しております。ペット保険の使用をご希望の際には、症状や条件によっては適用されない場合がございますので、あらかじめご相談ください。
ご不明な点やご質問等がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。


以上が、小幡緑地どうぶつ病院の基本的な診察の流れとなります。